たかなblog

のんびりと色んな情報を発信していきます。

Wordpress

[共有]機能が強化!WordPress4.2の新機能

2015/08/24

WordPress4.2がリリースしましたね!
今回のキャッチフレーズは「グローバルにコミュニケーションし、共有することができます」です。

どのように変わったのか、ひとつづつ確認してみましょう。

WordPressの更新とバックアップについて

WordPressは、本体やプラグイン共に頻繁に更新があり、どんどんアップロードして使っていかなければいけません。
それがなくてもサイトの内容は日々更新していくと思いますので、出来ればバックアップを取る習慣をつけておきたいもの。

私は「WP-DBManager」が好きで利用していますが、DBの内容だけでなくテーマファイル等も一緒にバックアップを取ってくれるプラグインもたくさんあるので、色々試してみてください。

WP-DBManagerの使用方法については過去に記事にしています。
よろしければ参考にされてください。

WP-DBManagerでWordPressのデータベースを簡単にバックアップ/復元しよう!

更新タイミングについて

今回はすでにja版が出ていますが、Wordpressの最新版が出た際は、en-US版から表示されます。
ja版の最新バージョンがない場合は、少しだけ更新を待ちましょう。

wordpress4.2 1

また、4.2に更新した人たちから不具合などをうけ、対策を行った4.2.1がリリースされるのを待つのもいいと思います。

グローバルに、コミュニケーションと共有を!

それでは本題です。
まず、新バージョンのキャッチコピーから。

WordPress4.2のきゃちコピーは、

「グローバルにコミュニケーションし、共有する」

です。
その言葉の通り、今回の更新のメインは「Press This」機能の強化。
その他、拡張文字や絵文字の対応など、世代や国境を飛び越えてWordpressを広めようとする動きが強まっていますね。

新しく改善された Press This

みなさんはPress This機能を使用したことはありますか?
私はもちろん、全くありません(断言)

Press Thisは、今開いているサイトのリンクを、Wordpressの下書きに転写してくれるもの。

今までとどこが変わったのか、比較してみましょう。

今まで

管理画面の設定>投稿設定のところにある、Press Thisのアイコンをブックマークバーにドラッグするなどして、Press Thisをお気に入り登録します。

wordpress4.2 2

 

上の画像のPress Thisのアイコンがドラッグできるようになっているので、そのままブックマークバーにドラッグ。

wordpress4.2 3

お気に入りに追加されました。

あとは、好きなサイトを閲覧し、気になるページがあれば、そのページを開いている状態でブックマークに登録しているPress Thisをクリック。

wordpress4.2 4

すると、こんな感じで小窓が開いてきて、今見ているページのURLが本文に勝手に挿入されています。

少し便利なような気はしますが、、うーん、これだけ?という感じ。

WordPress4.2ではどう変わった?

Press Thisのブックマークまでは同じです。

同じように、気になるページ、面白いページを見つけたときにPress Thisを開いてみます。

wordpress4.2 5

 

ドーン!!

と、画像を大き目で貼りましたが、伝わりますでしょうか。。

緑色の枠が、普通にサイトを閲覧しているブラウザです。
赤色の小さな枠が、Press Thisをクリックして立ち上がってきたミニウィンドウ。そして、たかなblogの下書きページが表示されています。

たかなblog の文字のすぐ下に記載されているのが、下書き記事のタイトル部分。ここで記事タイトルが編集できます。
そのすぐ下に表示されているのは、元のサイトの画像一覧です。

この中からすきな画像をクリックすると、記事本文に対象の画像が添付されます。

wordpress4.2 6

こんな感じ。

画像の下には記事のDescription(概要)が「引用」で転記。
そのすぐ下に情報源として、対象サイトのリンクが載っています。

面白い記事を紹介したいな、というときは、この画面だけである程度出来上がりそうですね。

あとは下書きとして保存するなりし、後からじっくり書き足すなり、カテゴリやタグ付け、メディアからオリジナルの画像を添付したりして公開することも可能です。

 

実際にPress Thisを使って保存した記事を下にそのままコピペしてみました。

  オセロット!昆布山葵です。 本日ご紹介しますのは、今帰仁村にあります古宇利大橋! 沖縄本島と古宇利島をつなぐ橋でございます。           古宇利大橋は全長2020メートルもある長い橋で、その長さたるや沖縄最長、更に通行料無

情報源: 古宇利大橋 ~飛び込み厳禁~ | シーサー・イズ・マモリガミ!

いい感じじゃないでしょうか。
これなら実用もアリですね。

拡張文字のサポート

日本語、中国語、韓国語といった英語圏ではなかなか使われない文字にもWordpressが対応しました。
また、絵文字も入力可能になったそうです。

絵文字の入力は、Windowsだと「タッチキーボード」から行います。
PC画面右下のキーボードアイコンをクリック。

wordpress4.2 7

黒いキーボードが表示されるので、絵文字のアイコンをクリックしましょう。

wordpress4.2 8

あとは、使いたい絵文字をクリックするだけ。

wordpress4.2 9

絵文字入力、、出来ました。

✈🚄🍕🍙🌂

使用フォントによっては使えな絵文字があったり、表示のされ方が違ったりするようです。

これから少しづつ、絵文字が使われたブログが広がっていくのでしょうか。
なんだか不思議な感覚ですね。

その他の変更点

今回の変更は主にPress Thisの利便化のようですが、ほかにも少しづつ変更されている部分があります。

カスタマイズ中にテーマ変更が可能

外観>テーマからプレビューが流し見できるだけでなく、テーマカスタマイザーの実行中にテーマを変更してみることができるようになりました。

wordpress4.2 10

変更をクリックすると、、

wordpress4.2 11

インストールされているテーマの一覧が表示されます。
ここからテーマを選ぶと、、

wordpress4.2 12

テーマ変更をせずに、プレビューやカスタマイズが可能!

インストールしたテーマからしか選べないのが難点ですが、テーマ開発などを行うならかなり重宝しますね。

さらに多くの埋め込み

Tumblr.com や Kickstarter などのサービスに対応しました。

「リンクを貼り付けるだけでコンテンツが表示される!」魔法のような機能。
Tumblrに今まで対応していなかったのには驚きですが、これでまた、編集が楽になりますね。

プラグイン更新の効率化

プラグインを更新する際、毎回「更新しています」のような読み込みページに飛んでいたのですが、それがなくなりました。

wordpress4.2 14

 

プラグイン下の「今すぐ更新します」のリンクを踏むと、ページ遷移せず「更新しました」とプラグイン名の下に表示されます。

開発者向けの変更

毎回楽しみな部分です。開発者といっても、テーマやプラグインの開発なので、利用者側の恩恵も大きいですし。
今回も4点紹介されていました。

utf8mb4 のサポート

MySQLデーターベースの文字エンコーディングが、utf8からutf8mb4 にかわりました。
これによって絵文字を保存することが可能になっています。

JavaScript のアクセシビリティ

WordPressの情報を、スクリーンリーダー(文字を読み上げてくれるソフト)へ送るwp.a11y.speak() が使用できるようになりました。
Wordpressは、学校や様々な施設のサイトにも普及する用意がある!ということでしょうね。

共有された項目の分割

別々のタクソノミーで同一スラッグを使用した際の動作が変わるようです。
ようです、、が、ここについては私の認識があっているかどうか微妙なので、プラグイン開発者ハンドブックで確認してください。

複雑なクエリの順序

WP_Query と WP_Comment_Query、WP_User_Query は名前付きメタクエリ節の複雑な順序をサポートします。

とのこと!おおお!WP_Queryはちまちま利用しているので、これはうれしい。
カスタムフィールドに色々突っ込んで複雑な取り出し方をする、、というのは、重くなりそうでやったことはないのですが、WP_Queryで実行するのであれば動作速度はある程度保てそうですね。

SNSなどの「シェア」に、Wordpressがここまで力を入れているんだ、という事実。

FacebookやTwitterって、しばらくしたら消えるだろうと思っていたのですが。
いまやEmailなんかよりもよっぽどいろんな人がやり取りをしていて、さらに勢いを増していく様子。

Google+なんかは姿を見せませんが、これから伸びるのでしょうか。

人とのやり取りが苦手でSNSはあまりやっていないのですが、TwitterやFacebookもたくさん活用しなよ!ってことなんでしょうね。

アカウントは作っているのですが、放置で、、
まずは「いいなぁ」と思う人をフォローすることから始めてみようと思います。

-Wordpress
-, ,

おすすめ記事

1
母の日のプレゼントに!2017年最新お取り寄せグルメ一覧

こんにちは!毎年この時期になると、「母の日 プレゼント」や「母の日 贈り物 花以 ...

2
2016年 母の日にどうぞ!楽天レビュー数10000以上、評価4以上のお取り寄せグルメ一覧

今回は「日々の贅沢」「贈り物」の参考としていただくため、健康食品や1kgで100 ...