たかなblog

のんびりと色んな情報を発信していきます。

Wordpress

WordPress4.1での変更点、新機能まとめ

こんにちは、高菜です。
(まいど)遅ればせながら、Wordpress4.1の新機能を紹介していきたいと思います。

WordPressの更新とバックアップについて

WordPressは、本体やプラグイン共に頻繁に更新があり、どんどんアップロードして使っていかなければいけません。
それがなくてもサイトの内容は日々更新していくと思いますので、出来ればバックアップを取る習慣をつけておきたいもの。

私は「WP-DBManager」が好きで利用していますが、DBの内容だけでなくテーマファイル等も一緒にバックアップを取ってくれるプラグインもたくさんあるので、色々試してみてください。

WP-DBManagerの使用方法については過去に記事にしています。
今回の更新に合わせて記事内容も見直したので、よろしければ参考にされてください。

WP-DBManagerでWordPressのデータベースを簡単にバックアップ/復元しよう!

更新タイミングについて

WordPressの新しいバージョンが通知されたら、まずは「日本語版」がリリースされているかを確認してください。

wordpress4.1.0上記の画像のように、最後がen_USとなっているのは英語版です。更新しても特段問題はありませんが、特に急ぎでない場合はJA版が出るまで待った方が無難です。

より執筆に集中できるようになった、Wordpress4.1

それでは新バージョンのご案内です。
Wordpress4.1は、「より執筆に集中できるようになりました」と謳っています。
因みに過去のキャッチコピー?は、

  • 4.0-「よりスムーズに執筆、管理ができるようになった」
  • 3.9-「よりスムーズなメディア編集」
  • 3.8-「新しく、モダンな管理画面デザイン」
  • 3.7-「皆さんは何も変化に気づかないかもしれませんが、それでもOKです。」

でした。
より早く、簡単に編集できることにどんどん特化していきますね。喜ばしいことです。

Twenty Fifteen の導入

WordPress4.1の目玉の一つは、新しいデフォルトテーマ「Twenty Fifteen」
Google の Noto フォントファミリーを利用することで完璧に言語をサポートし、レスポンシブなデザインでどんなサイズのデバイスでも適切に表示させることができます。

まさに「世界中で、どの端末からもストレスなく見れるブログ」を作るためのテーマ、といった感じです。
これは是非とも色々カスタマイズして遊んでみたくなりますね!

集中執筆

集中執筆モードがよりシンプルになりました。

 今までの集中執筆モードは、切り替えると画面が一度フェードアウト→ツールなどがすべて消えた状態で入力できるようになっており、カーソルを画面上部へ移動すると、「編集に必要最低限のメニュー」が表示されました。

上記のメニューから集中執筆モードを解除することが可能でしたが、例えば<h2>タグ等を勝手に入れてくれる「段落」等は非表示になっており、個人的にあまり使用していなかったのですが、、

wordpress4.1.1

新しい集中執筆モードは、切り替えるとメニュー等がなくなるだけで、メインの編集画面は全く変わりません。

wordpress4.1.2

マウスカーソルを編集画面の横にずらすと、サイドのメニュー等がすぐに表示されます。
これまでのように「フルスクリーンを解除」をクリックする必要はないわけです。

wordpress4.1.3

上記画像は「集中執筆モード」にした状態で、本来メニュー等があるところにマウスカーソルを持って行った時の画像です。
一つ上の画像と見比べると、メニューが戻ってきているのがお分かりになるでしょうか。

更に、黄色のマーカーでチェックしているのですが、集中執筆モードは継続中。
タグをつけたりスラッグを付けたりアイキャッチを設定して、また本文を書き始めると、勝手に左右のメニューがなくなってくれます。

一度集中執筆モードにすると、「新規投稿」など別投稿でも集中執筆モードが継続するようなので、常にサイドのメニューを表示しておきたい方、メニューが出てきたり消えたりがウザったい方は右上の集中執筆モードを再度クリックして解除してくださいね。

その他の変更点

目立った変更は上記2点のみのようですが、その他の更新として以下の機能も追加、改善されたようです。

言語の設定

対応言語が大幅に増えました。デフォルトで44言語の翻訳がインストールされており、US版が出てすぐに更新しても管理画面は日本語表示のままです。普段はあまり意識することもないでしょうが、新バージョンが出るたびに日本語版が待ちきれずすぐに更新しちゃう私にはうれしい。
wordpress4.1.4

 

上が4.0、下が4.1の言語設定です。

wordpress4.1.5

 

どこでもログアウト

ネカフェなどでWordpressにログインし、ログアウトせずに帰ってきてしまった!
そんな時でも自宅からログアウトできる機能です。

管理画面のユーザー>あなたのプロフィールの一番最後に項目が追加されていますよ!

wordpress4.1.6

Vine 埋め込み

WordPressの埋め込み機能が、動画サイトVineに対応しました。
埋め込み機能、とは、Wordpressの記事本文にURLをペタッと貼り付けるだけで、動画が表示されるというもの。

日本ではyoutube等のほうがまだまだ一般的でしょうが、海外の面白動画などをいち早く紹介したい!ってサイトも多いと思うので、対応サイトが増えるのは純粋にうれしいですよね。

プラグインのおすすめ

これまでもプラグインの欄には「おすすめ」カテゴリーがありましたが、あらたに「あなたへのおすすめ」が追加されました。
あなたがインストールしているプラグインや、他のユーザーによくインストールされているプラグインからオススメを表示してくれるというもの。

wordpress4.1.7

 

同じ「おすすめ」なのですこぶるわかりにくいですが、一番左端のおすすめとは、表示されているプラグインが違います。
日本人に人気なプラグインとかが表示されるとありがたいですね。

画像系プラグインを入れていたら画像系が紹介されて、SEOやアフィリエイト系が多ければそれが、、、って感じになっていくのかな。
今回追加されているので、今すぐ使える有用な機能、というよりは、今後どんどん精度が上がっていて、便利な機能になっていくのかな、といった印象ですね。

開発者向けの変更

個人的に毎回一番楽しみな部分です。
普通に利用する分にはあまり機能を実感することはないですが、新しいデフォルトテーマ等に新機能が使われていることも多いので、知らずしらずに恩恵を受けていることも。

複雑なクエリー

メタデータ、日付、タクソノミーのクエリーが高度の条件ロジック(ネストされた節や複数の演算子 — A AND ( B OR C ))をサポートするようになりました。

なんと。。カテゴリーやタグ、カスタム分類、投稿者や日付などで条件を付けて記事を持ってくることがあると思いますが、より自由度高く条件指定できるようになったそうですよ!

テーマの <title> タグ

プラグインやテーマで、記事タイトル部分を簡単に扱えるようになりました。
つまり、「タイトルの色を一括で変えるプラグイン」とか、「タイトルの頭に好きな記号を付けるプラグイン」とか、あとはテーマの設定の中でタイトルのフォントや色なんかを簡単に設定できるようになったりとか、まぁそういったことができるようになったよーといことです。

対応するテーマやプラグインが早く出てきて欲しいですね。

カスタマイザー API

私たちが普段管理画面の外観>カスタマイズから利用している機能です。
これがより使いやすくなります。

どこがどう変わったか、変わっていくか、については、今後新しくテーマを作成する人の腕の見せ所、といった感じです。

開発者リファレンス

インラインドキュメントへの継続的な改善により開発者リファレンスはこれまでになく完全なものになりました。

とのこと。完全と言い切っちゃいました素敵。
今回追加されたタグや関数含めて、全部の関数や機能の説明が整備されているそうです。

テーマファイルの編集や、自分でプラグインを作ったりする際は大いに助けになると思います。
すべて日本語化されているわけではないので、目当ての情報がなければ英語版リファレンスを翻訳にかけてあげてください。

やっぱりレスポンシブデザインって大事だね。

機能はたくさん追加され、どんどん便利になっているのに、デフォルトのテーマファイルは信じられないくらいシンプルに。

小さい画面でも見やすいサイト。ごちゃごちゃ余計な装飾を入れなくたって、内容が面白くて軽いサイト。
結局行き着くのはそんなサイトなんだよなーと改めて実感しました。

とはいっても他と差別化したり、愛着を持ってもらうためにおしゃれな表示や動的なコンテンツも取り入れたい。
全部じゃなくて、自分のサイトにあったものを選んで取り入れるセンスが問われる時代になりましたねー。

個人的にはメタ情報が複雑な条件ロジックをサポートするようになった、というところがちょっと気になります。
このカテゴリーからこのタグが付いた記事だけを抜いて表示、とかが簡単にできるようになったってことだもんね。

有識者の皆さんが使い倒して、今回追加された新機能についての「○○する方法」な記事が早く見れることを心待ちにしています。

 

-Wordpress
-, ,

おすすめ記事

1
12月目前!クリスマスグッズ、どんなものに関心が集まっているの?

今回気になってまとめてみたのは、「クリスマスの人々の関心」について。 昨年(20 ...

2
年賀状印刷、業者に委託してでオシャレに?自宅で徹底的にこだわる?

年賀状作成は、プロにお願いする時代!? 年賀状のテンプレートが簡単に手に入るよう ...

3
ハロウィン、クリスマスに!とにかく可愛いコスプレ子供服【最新版】

ハロウィンも終わり、クリスマスが楽しみな季節になりました! これからクリスマスパ ...