たかなblog

のんびりと色んな情報を発信していきます。

プラグイン

画像圧縮でWP高速化!EWWW Image Optimizerプラグインの設定と使い方

今回紹介する画像圧縮プラグイン「EWWW Image Optimizer」は、Wordpressにアップロードされる(された)画像を自動的かつ無損失で最適化してくれるプラグインです。 高速化/画像圧縮系プラグインは他にもありますが、個人的にはこのプラグインが一番オススメ。 プラグインを有効化後は画像をアップロードするたびに自動で、しかも高速で圧縮してくれるため楽チンです。

インストールと設定

それでは設定方法です。 EWWW Image OptimizerはWordpressのプラグインディレクトリに登録されているため、管理画面のプラグイン>新規追加から追加できます。

EWWW Image Optimizer

プラグインを有効化すると、設定画面に「EWWW Image Optimizer」が追加されます。

設定はデフォルトのままでも使用できるようですが、Optimization Settingsは少し確認したほうがいいかもしれません。

EWWW Image Optimizer3

Plugin Status

現在のプラグインの状態を確認することができます。

Cloud Settings

クラウドを利用する場合の設定項目です。ちなみにクラウドは有料。
EWWW Image Optimizerプラグインはexec関数が利用できなければいけませんが、利用しているサーバーがexec関数の使用を許可していない場合でも、クラウドサービスを使用すれば圧縮画像を利用することができるようです。
利用する場合は購入したAPIキーを入力してください。

General Settings(一般設定)

デフォルトの設定で十分です。基本的にはそのままスルーしてください。Google翻訳に突っ込んでみたけどよくわからなかった。

Optimization Settings

これは人によっては設定を変更したほうがいいかもしれないです。

Remove metadata:メタデータ(画像に含まれている撮影時の情報とかコメントとか)を削除する場合チェックを入れてください。基本チェックを入れるでいいと思います。

optipng optimization level:画像の最適化レベルを選択します。圧縮をかけた場合の画像の劣化度なんかを見て調整してみてください。デフォルトでは8?trialsのレベル2になっていますが、optipngの著者の説明によると「10trialsだと全てのひとを、30trialsではほとんどの人を満足させる必要がある」らしいので、もう少しレベルを上げてもいいかも。逆に素材サイトなど画質の劣化が命取りになるサイトは、必ず画質の劣化具合を確認し、必要であればレベルを下げてください。

pngout optimization level:pngoutを使用した画像の最適化レベルを選択します。cpuに負担がかかるため、pngoutはデフォルトでは使用されませんので、特に触らなくていいかと思います。

Lossy PNG optimization:PNGを最適化するかどうかのチェックです。最適化する場合はチェックをつけてください。ただし、PNGの最適化は非可逆なので、画像の劣化がひどくても元に戻せませんのでご注意を。

Exclude full-size images from lossy optimization:フルサイズ(オリジナル)の画像の不可逆の最適化を除外したい場合はチェックをつけてください。

Conversion Settings

画像変換に関する設定ですが、jpgからpngへの変換を頻繁にする方以外は特に触る必要はありません。

設定の項目はたくさんありますが、よくわからない場合は Optimization Settings のRemove metadataのチェックを付ける、以外の設定変更はしなくて構いません。

EWWW Image Optimizer4

EWWW Image Optimizerを使ってみる

では実際にプラグインを利用してみましょう。

画像アップロード時に自動で圧縮したい

このプラグインを有効化しているだけで自動圧縮されますので、特に何かする必要はありません。べんりー

既存の(今までアップロードしたすべての)画像を圧縮したい

管理画面のメディアに「Bulk Optimize」という項目が追加されています。こちらをクリック。

EWWW Image Optimizer5

メディアライブラリに画像をインポートする必要がありますよ?という画面が出てくるので、「Import Images」をクリック

EWWW Image Optimizer6

完了後、もう一回メディアから「Bulk Optimize」をクリック。画面が変わったー。あとは「start optimize」をするだけです。

EWWW Image Optimizer7

ボタンをクリックするとバーが表示され、画像圧縮が始まります。気長に待ちましょう。
圧縮中に別タブとか開いてWordpressを触ってしまうと、赤字で「Operation Interrupted」(運転中断)と表示され圧縮が中断されてしまうので注意。

その場合は一度Stop Optimizeで圧縮を中止し、再度圧縮かけてください。ちょっと時間はかかりますが、焦らず待ちましょう。
途中止まってしまった場合は、都度「Stop Optimize」をクリックし、管理画面から圧縮をかけ直してください。

個別で圧縮する

個別で画像を選択して圧縮/再圧縮したり、JPEGからPNGへ変換したりといった操作をしたい場合、メディアライブラリから操作します。
プラグインを有効化していれば「ImageOptimizer」の列が追加されていますので、「Optimize now!」をクリックしてください。

EWWW Image Optimizer11

 

ちなみに一度圧縮をかけている場合は「Re-optimize」に表記が変わっています。再圧縮したい場合はこちらから行ってください。

EWWW Image Optimizer10

 

最後に

すべてのプラグインに言えることですが、有効化、実行したあとはご自分のページを確認してください。
また、画像劣化が命取りになるようなサイト(素材サイトなど)を運営している場合、できるだけバックアップを取るようにしてくださいね。

以上、お役に立てれば幸いです。

-プラグイン