たかなblog

のんびりと色んな情報を発信していきます。

Web/サービス

ドメイン取得にかかる価格比較 2016

2016/11/03

2014年に作成して放置していた記事ですが、アクセスが多いため内容を最新版に書き換えています。
2年前と比べると、今よく広告とかで見かけたりアフィリエイターさんが推しているドメイン取得サイト以外は軒並み値上がりしている感じがしますね。
大手との実力が開いてきたのか、需要が増えたので値上げしても売れるようになったのか。

現在サーバーはさくらのレンタルサーバーとエックスサーバー、ドメインはエックスドメイン、お名前.comで取得しています。
ドメインは引っ越しが本当に楽なので、安いところがあれば乗り換えも含めて検討したく、2年ぶりに色々と調べたのでご紹介したいと思います。

ドメイン単独で取得

サーバーとセットで取得するのではなく、ドメインだけ欲しい場合の価格比較です。
セット割などが適用されるわけではないので、単純にコスパ重視となります。
2014年にはできるだけ多くのサイトを紹介していましたが、ドメインを取得する人が増えたのか価格/サービス共に差が開いてしまい、選択肢にも入らないんじゃ。。ってところは除外しています。

 

お名前.com←ドメイン単体取得なら一択!




.comドメインの登録が499円/年とダントツの安さ。.netドメインの登録も699円/年と他を圧倒しています。
アジア初の公式ドメイン登録サービスというだけあって、取得できるドメインの種類は500種以上、取得料金も格安と他を圧倒。
大量購入での割引もあります。
更新は他サイトと比べて特別安い!!というわけではいのですが、サイトが何年も何十年もあるかなんて正直わからない時代ですし、とにかく大量にサイトを作成して、望みがありそうなサイトだけ残して拡張していく、のようなスタイルを取るアフィリエイターさんも多いので、今のニーズに合っているのでしょうね。
国内シェアもNo1と安定感があります。

ムームードメイン




わざわざ紹介するか迷ったのですが、ムームードメインさんも勿論安いです。
お名前.comと運営会社が同じなので、当然と言いますか、、サービスも料金もほぼ同じ。
サーバーがロリポップならムームードメインのほうがいいのかな?くらいです。

エックスドメイン




取得がものすごく安いお名前.comさんと比べた場合、.netと.comドメインの取得/更新が1,180円/年と、長期運用を考えるのであれば若干こちらが安くなります。取得はお名前.comで済ませてしまって、2年目は値段を見て安ければ更新せずにここに乗り換える、というのが理想でしょうか。(だからといってお名前.comの自動更新を無効にするのはオススメしませんよ。)
無料サーバーを「サンプルサイト」や「テスト環境」として利用することもできますし、何年も公開する予定はないサイトの為にサーバーを借りるのももったいない、、と考えるのであれば、無料サーバーの拡張オプションの為に取得からここを選択するのも充分ありだと思います。
取得/更新共に高い方ではないので、サーバー抜きにして単体で考えても、コスパは充分です。

エルドメイン




大手ドメイン取得代行サイト。電話でのサポートもあり、また、自分が使いたいドメインが既に誰かに使われてしまっている場合、「バックオーダーサービス」を利用して予約することも可能。
.com、.netドメインだと取得/更新共に1820円

格安と銘打っているようですが、全体的にちょっと割高。。

みんなのドメイン




.comや.netドメインの取得/更新が1,340円/年とそこそこ安い。
残念ながら.co.jpドメインは扱っていないようです。.jpドメインも8,028円/年とかなり割高。

 サーバーレンタルと併せてお得にドメイン取得

ドメイン取得サービスを行っている会社がサーバーも運営しているのはよくあるパターンで、大抵はドメインを取得した会社でサーバーをレンタルすると、セット割価格で安くなります(サーバー使っている限りドメイン取得/更新無料とか、サーバー初年度無料とか)

エックスドメイン←ドメイン+サーバー取得なら一択!




ドメイン単体でも充分お勧めできますが、サーバーとセットであれば更にコスパが上がります。
まず、ドメインを取得した場合、容量5GBの無料サーバーの利用が可能。
独自ドメインも10個まで設定可能です。
※ドメインをお名前.com等別で取得した場合でも、容量2GB、独自ドメイン5個が利用可能です。

無料サーバーなので広告が強制的に表示されてしまうのがネックですが、ドメイン取得をここで行う場合、エックスサーバー社が提供している他サーバーをレンタルすると、初期費用半額等の特典が受けられます。

エックスサーバーの場合




個人が借りるレンタルサーバーとしては最もおすすめなサーバー、エックスサーバー。エックスドメインでドメインを取得している場合、初期費用が半額になります。1,500円もお得なので、別にドメインいらないわ。。って場合もドメインを取った方が安くなっちゃいます。

因みにエックスサーバーは、契約するとドメインの取得/エックスサーバーを使っている間、キャンペーンで取得したドメインの更新が無料!というサービスを頻繁にやるので、サイトを一つしか運営しない場合は

  • 一番安いドメインをエックスドメインで取得
  • 連携サービスでエックスサーバーを取得、契約後、メインのドメインを取得

が一番やすくレンタルできますよ!

シックスコアの場合



エックスサーバー社が運営する、ビジネス向けのハイスペック/高セキュリティーサーバーです。
こちらもプランによっては独自ドメインがプレゼントされますが、初期費用が半額になり3,000円もお得になるので、エックスドメインとセット契約がお得。

比較的サイトが重くなりがち、セキュリティ対策の欠かせないショッピングサイトと相性が良く、個人でネットショップを開く場合もおすすめです。

エックスドメインで独自ドメインを取得しておけば、メールアドレスの設定が無制限に行えます。
高い安定性も含めて、自分でサーバーを持っていない企業は積極的に採用していきたいですね!

wpXの場合




Wordpressに特化した高スペックサーバーです。エックスドメインでドメイン取得後に契約することで、初期費用が半額の3,000円と、3,000円もお得にレンタル可能。
同社のエックスサーバーと比べると

  • 費用が若干高い(エックスサーバーを2年契約すると月900円。wpXは1年契約で月1000円。)
  • 初期費用が高い(エックスドメイン経由で契約するとどちらも半額)
  • WordPressを利用することを想定しているため、Wordpressサイトは速い
  • 容量30GB。エックスサーバーは200GB
  • 独自SSLはどちらも無料
  • マルチドメインは10個まで。エックスサーバーは無制限
  • WordPress設置可能台数は10個。エックスサーバーは無制限

と、単にサイトを大量に作りたいならエックスサーバーの方がおすすめ。ただ、大規模なサイトをWordpressで運営するのであれば、コストにそこまで差があるわけではないので、素直にwpXサーバーがおすすめです。

ドメインキング←格安サーバーを探しているなら一択!



格安といえば結局GMOさんですよね。
ドメインではお名前.com、ムームードメインと格安ドメイン代理店として有名ですが、大手なので当たり前のようにサーバーも安いです。

ドメインは同社のお名前.comやムームードメインの方が安いのですが、サーバーが安いので紹介してしまいます。
ドメインとのセット割はしていないようなので、正直、ドメインはお名前.comで取得したほうがいいと思います。

Pプラン

一番安いPプラン(プチプラン)は月100円でWordpress導入もOKですが、容量が20GB、マルチドメイン10個なので、完全無料のエックスドメインのサーバー(スマホのみ広告あり、容量5GB、マルチドメイン10個)とほぼ同スペックなら無料の方がいいかな、という気もします。

ただ年間1,200円(ドメインキングでドメインを取得していれば2か月無料なので、初年度1,000円+初期費用約1,000円)と激安なので、広告なしサイトを運営したい!というのであれば、Pプランで十分かもしれないですね。

Sプラン

月300円でレンタルできるスタンダードなプランです。
ロリポップ(250円/500円両プランあり)やさくらのレンタルサーバー(515円)など、300円~500円をスタンダードプランとしているレンタルサーバーは結構多いですね。

他と比べて特別安いかと言われればそうでもないのですが、ディスク容量100GB、マルチドメイン無制限、と他の500円プランと遜色ない、むしろ超える勢いのスペック。
データベース数は5個とWordpressをガンガン入れて回すにはちょっと心ともないですが、この価格帯なら十分です。

Mプラン

安いです。とにかく安い。
ほぼ同じプランがエックスサーバーで用意されていますが、エックスサーバーは2年契約で月900円。こちらは半年契約で月800円と契約期間が短く済むうえに月換算で100円も安い。
初期費用も1,000円弱とこちらの方が安いです。

更に最初の2か月は無料。
容量200GB、独自ドメイン、マルチドメイン、メールアドレス無制限とここまではエックスサーバーと同じ。
データベース数が、こちらは10個、エックスサーバーは50個とここで差が出てますが、データベース数を意識しないのであればこちらが圧倒的に安いと言わざるを得ないでしょう。


個人的に気になるのはWordPressツールキットなるもの。
サーバー内にある複数のWordpressのプラグイン等の管理を一元化できるものだということです。
Wordpressをネットワーク化しないでそのツールだけで管理ができるのであれば、サイトを量産している身としてはこれだけでエックスサーバーからの乗り換えを検討するレベルです。

とりあえずエックスサーバーで管理しているサイトの数が50を超えたら新規でサーバー契約しなければいけないので、その際はもしかするとここが候補に挙がるかもしれません。

まとめ

とりあえず、ドメイン取得時にまだサーバーが決まっていない人は、サーバーの選定から行いましょう。
有名どころの有料サーバーは殆どドメインがセットでついてくるようです。

その際はドメインの取得のみ無料なのか、サーバーを契約し続けている間は無料が続くのかをちゃんと確認しましょう。
更新料が高いドメインの場合は、1年後にそのまま更新するのではなく、更新料の安いエックスドメインなどに移管がいいと思います。

WordPressをインストールする前提の記事でしたが、特にWordpressを使わない場合はデータベース数を意識する必要もなくなるため、もっと安いプランを選択してもいいのかな、と思います。
大きなサイトでなければそんなに容量も食わないですし。

データベースは一つでも、Wordpressサイトを複数運営することはできますが、「ネットワーク化」というちょっと面倒な設定をしなくてはいけません。
各プラグインの動きなども一般的なものと少しだけ変わってくるのと、一度ネットワーク化してくっつけてしまったサイトを分離するのも難しいため、ちょっと上級者向け設定となります。
ほぼ更新しないペラサイトを大量に作るのであれば、プラグインなどが一元管理できるため、ネットワーク化もデメリットばかりではないんですが、、

※なお、この記事は2016年11月現在のものです。
キャンペーン価格なども含まれていますので、契約時には一度各社の料金表をご確認くださいね。

それではまた。

 

-Web/サービス
-

おすすめ記事

1
母の日のプレゼントに!2017年最新お取り寄せグルメ一覧

こんにちは!毎年この時期になると、「母の日 プレゼント」や「母の日 贈り物 花以 ...

2
2016年 母の日にどうぞ!楽天レビュー数10000以上、評価4以上のお取り寄せグルメ一覧

今回は「日々の贅沢」「贈り物」の参考としていただくため、健康食品や1kgで100 ...