たかなblog

のんびりと色んな情報を発信していきます。

ベビー&子供

赤ちゃんの髪の毛を保存する方法まとめ

赤ちゃん「はじめて」の髪の毛(産毛)は、カットされたことのない柔らかく繊細な毛で、一生に一度しか手に入らないもの。
予算はひとそれぞれですが、できれば残してあげたいですよね。

赤ちゃんのはじめての髪の毛の残し方は、大きく分けて三種類あります。

赤ちゃん筆、メモリアルヘアー、へその緒などと一緒にしまうメモリアルボックス。
今回はそんな「赤ちゃんの初めて切った髪」の保存方法を比較していきたいと思います。

ちなみに、(筆以外の選択肢を探しに来た方には申し訳ないですが、)私のお勧めは赤ちゃん筆です。
きちんと加工しないと、やはり髪は油分を含んでいるため数年もたつと劣化してしまいます。

赤ちゃん筆にする【おすすめ】

専門店や自宅で切った髪の毛を、職人さんに筆にしてもらいます。
自宅で切った髪の毛を郵送して筆にしてもらい、作った筆だけを送り返してもらうものなら数千円からあります。
ちょっと前までは120万オーバー、ダイヤモンドコーティングの赤ちゃん筆が北斗園さんから出ていましたが、今見たらなくなっていました。。

あんな高いものが売れたのか。

子どもの為ならいくらでもお金を出せる層はいるので、売れちゃったのかもしれません。
オーダーメイド製なんで単純に人気がなくってラインナップから消えた可能性もありますけど。

高価なタイプはペンダントタイプが多く、アクセサリー感覚で身に着けられます。
髪を持ち歩く、ってお守りみたいですね。

北斗園さんでもうペンダントタイプの取り扱いがないのか探してみたところ、おいてありました!

その他にもいろいろなタイプが。
一口に赤ちゃん筆といっても使いたいのか、しまいたいのか、身に着けたいのか、飾りたいのかによってさまざまなタイプが選べるのはうれしいですね。私は「取っておきたいけど飾りたくはない」タイプ。

様々なタイプの筆を扱っている北斗園さんでも、一番人気は普通の筆タイプのようです。

デザインは5種類から選択可能。更に毛先を処理するのかなどを細かく指定できます。色々なタイプの取り扱いがあるだけではなく、デザインの幅も広くて素敵ですね。さすが筆の老舗です。
皆さんはどのタイプが好みでしょうか。

せっかく記念として残すなら、人気の(売れている)タイプのものより、ちょっとだけいいものを選択するのもありだと思います。
筆にしておけば何年も取っておけますので、大人になって眺めたときもちゃっちく見えないものがいいですね。
2017年5月時点で、Amazonの売れている順で確認した中でよさそうだったのはこちら。

伝統工芸士作 赤ちゃん筆(胎毛筆・誕生記念筆・熊野筆)錦コース 黒塗金銀共さや軸/ta-14

筆先がしまえる、黒塗り、でもシンプル、とわたしの好みにはドンピシャ。皆さんはどうでしょうか。

 

自宅で切った髪の毛を郵送して筆にしてもらう

郵送する場合の一番のメリットは選択肢が広いこと。100万オーバーもする赤ちゃん筆(ペンダントトップ)から、8千円の赤ちゃん筆まで選択肢は様々。
赤ちゃん筆の最安値は8千円台が多いですが、Amazonだと去年は6千円台で販売しているところが多かったのを考えると、利用者が減っているのかもしれません。

前回私が赤ちゃん筆の最安値で紹介していた商品も、2016年の6月に値上がりしていました。
値上げ後に明らかに売り上げ本数が落ちていますが、それでもかまわない、ということなんでしょう。
筆を作る文化自体が主流ではなくなっているのかもしれませんね。

 

 

通販サイトだけでなく、自社ホームページも持っている赤ちゃん筆サイトも多くあります。例えば
赤ちゃん筆 - 伝統の技術で作る胎毛筆 | 熊野筆 文宏堂※郵送のみ。
文宏堂さんはHP持っていますが、楽天でもページを持っており、同じ商品を同じ値段で販売しています。
楽天経由だとポイントも付くため、普段から通販を利用しているのであれば、会社のHPで赤ちゃん筆の購入を決意したとしても一度Amazonや楽天で出品していないか確認してみることをおすすめします。
通販サイトだとレビューも見れますしね。
文宏堂さんの楽天ページはこちら
【熊野筆】【送料無料】 明治四十年創業の技でお作りする赤ちゃん筆 (赤ちゃん 髪の毛 筆 誕生記念筆 熊野筆)文宏堂(ぶんこうどう)謹製【胎毛筆 梅】 桜木軸 P27Mar15

専門店でカット後、そのまま申し込みする

楽天やAmazonなどの通販会社を経由しないで、自社HPのみで対応している会社もあります。
その場合、HP上には商品(上記のような出来上がりイメージ)の画像は載せていなく、一度カタログを取り寄せてから注文する方式であったり、全国にある店舗に出向いて申し込みを行ったりするようです。

赤ちゃん筆センター株式会社※郵送も受付可。カタログ申し込み→注文の流れ

赤ちゃん筆・胎毛筆を出産祝いギフトにどうぞ-光文堂-※店舗にて受付

 

美容師をしている親戚に、子供の髪の毛のカットのことを尋ねたら、、

「小さい子供は動き回るし、赤ちゃんだと寝ているうちにカットするよ。まだふわふわした産毛しか生えていない赤ちゃんだったら、適当に切っても変な髪型にはならないし、はじめてのカットは親がやってあげたいもんじゃないの?」

とのこと。そうだよなぁ。初めてのカット、自宅で写真とかとりつつワイワイやるのもいいかもしれないですね。せっかくの初カット、機嫌を悪くして泣いてしまったら可愛そうだしなぁ。。
もちろん、「なんでもやるのはプロが一番!」で、専門店でカットしてもらうのもありだとおもいますが、美容室で切った髪は基本持ち帰りNGだったりするので、上記リンクの専門店以外でカットした髪を使いたいと思っているかたは来店前に必ず確認してください。

 

専用ケース、専用オブジェにしまう

私はこれにしました。メモリアルヘアーっていうらしいですね。
アクリル、ガラス、プラスチック、木などのオブジェ、ケースに髪の毛をそのまま、または付属のリボンや紐で結んで保存する方法です。

筆を作るように手間暇がかからない上に髪を切るのもしまうのも自分でやるため、筆を作るより断然安く済むのがありがたいですね。

2017年追記。
はやいもので、娘は4歳になりました。
専用オブジェにいれており、普段はしまっています(飾っていません)。
加工していない髪の毛なので、油分?が出てきて少し黄色っぽくなってしまっています。勿体ない気もしますが、これは処分するしかないかな。
「産毛を専用ケースに入れてしまう」イベントがしたいだけで、大きくなったら適当に処分する、というのであればずっと出して飾っておける&手間の少ない専用オブジェ系がおすすめ。専用ケースは、、どうせ飾らないで取っておきたいならきちんと筆に加工したほうが数年後も綺麗ですよ!

ただ、やっぱり見た目は可愛くて、しばらくは愛でたいというか、ふわふわの産毛を楽しみたいので、お子さんの髪の量にある程度余裕があるのであれば、筆とは別に産毛ケースやオブジェを購入するのはおすすめです!可愛いし!
贈り物としても、筆だと身内!という感じが出てしまいますが、専用オブジェ系なら友人にも気軽にプレゼントできますね

以下は私がAmazonと楽天から探した、メモリアルヘアー関連の商品です。
どれにしようか悩みに悩んで血眼になって探しました。。やっぱり、ベビー用品は見た目が可愛いのが一番ですね。


↑誕生石の装飾があります。上のリンクは2月になっているので、お子さんの誕生月のものを選択して購入してください。

歯やへその緒、母子手帳などと一緒にしまう

これもメモリアルヘアーと同じく自宅で自分でしまいます。
子供の初めてのものって「髪の毛」だけじゃないですもんね。そういえば私も棚にへその緒飾ってあります。
これから抜けるであろう乳歯をしまう、というのも盲点でした。今は土に埋めたり屋根の上に投げたりしないのね。。

髪の毛自体はリボンで結んで薄紙にくるんでケースにしまうパターンがほとんど。
メモリアルヘアーのように、常に見える形で飾っていたいわけじゃなくて、大事にしまっておきたいタイプはこっちのほうが重宝するかもしれないです。
名前を手書きではなくレーザーで刻印してくれるので、同様の商品でも私ならこっちで買うかな。

デザインはこっちが可愛い!と思ったのですが、髪の毛を保存しておく場所はなさそう。へその緒と一緒に薄紙にくるんで保管はできるかなぁ。

プレゼント等でもうちょっと出してもいいよ!という方は、赤ちゃん筆作れるくらいの値段になりますがこれなんかどうでしょうか。
値段の割にはそこそこ売れているみたい。
干支の刻印が可愛いですね。

しばらく検索していない間に、産毛ケースが出ていました...!可愛い。

これは、、買いなおそうかな。。
でもこれ買うなら上のセットが欲しいな。。
でも乳歯入れはいらない。。迷います。

まとめ

「はじめて」は、一生にいちどしかない大切なもの。でも、どれくらい盛大に祝うのか?どれくらい、どこにお金をかけてあげるのか?どこまでやるのか?は人によって違うのは当たり前。
けれど、色々な選択肢を検討した上で出した結論であれば、きっと後悔しないはず。

「これだ!!」と思うものに出会えたら素敵ですね。

 

-ベビー&子供